ハゲになる未来を回避するにはシャンプー選びから
ハゲになる未来を回避するにはシャンプー選びから

M字ハゲは遺伝が原因!?シャンプーは正しい洗い方で使う

髪の毛が抜けていく!ハゲる原因について

鏡を持つ男性

人の髪の毛は、一定の時期が来ると抜け落ち、新しい髪の毛へと生え変わります。しかし、場合によっては抜け落ちるだけで生え変わらずに、髪の毛の総本数が減っていくこともあります。この状態が続くことで、人はハゲてしまうのです。

髪の毛が抜けてしまう原因

髪の毛が抜けるのは頭皮環境が関係しています (薄毛クリニック医師)

ハゲる原因で多いのは、頭皮環境が劣悪であることが挙げられます。頭皮の皮脂が異常分泌を起こしたり、乾燥することでフケが大量発生したりします。こういった頭皮の環境の乱れにより、正常な髪の毛の生え変わりを邪魔してしまうのです。その結果、髪の毛の本数だけが減り、生えたとしても細々と頼りない毛が生えてしまうことが多くなります。

紫外線を浴びると髪の毛にダメージを与えます (薄毛クリニック医師)

紫外線も髪の毛にダメージを与えるものとして有名です。紫外線は適度な量ならば体内にビタミンDを作るために必要なのですが、浴びすぎると肌に深刻なダメージを与えてしまいます。頭皮や毛髪も例外ではありません。紫外線によって毛髪は傷み、頭皮の皮質は酸化して毛穴をつまらせてしまうので生え変わりが起きにくい環境になってしまうのです。

親からの遺伝も関係していることがあります (薄毛クリニック医師)

ハゲてしまう原因の一つとして多くの人が当てはまるのが、遺伝です。ハゲは遺伝しやすい(優性遺伝)と考えられているため、親もしくは親戚に薄毛の人がいた場合は自分もそうなる可能性は高いといえます。しかし、あくまでも絶対ではなく、「遺伝しやすい」だけであり、親がそうだからと確実にハゲるわけではありません。徹底したヘアケアなどでハゲを予防することもできるのでいくらでも対処は可能です。

主に上記のことが原因で、髪の毛は抜け落ちて結果的にハゲてしまうのです。この他にも日頃の不摂生が原因でハゲることも多いため、日常生活の過ごし方には十分に注意しなければなりません。こういった原因を知っておくと、予防策を早めからとることができるでしょう。

ハゲの種類とその前兆

先ほど説明したように、人の頭は些細な事がきっかけでハゲ始めることが多いです。そのため、ハゲないように常日頃から注意が必要です。ここではハゲの種類と前兆を紹介していきましょう。

M字ハゲ 前兆:M字部分の生え際がかゆくなる
髪の毛がM字状にハゲていく状態をM字ハゲといいます。原因としては、男性ホルモンの一つであるテストステロンが関係しています。テストステロンが毛髪まで運ばれることにより、DHTと呼ばれる物質に変わります。このDHTが原因で抜け毛の量は増え、生え変わりの速度は遅くなってしまうのです。なお、前兆としては生え際が痒くなることが挙げられます。
頭頂部ハゲ 前兆:髪の毛をかき分けた時の間隔
つむじを中心に毛が薄くなっていく事を頭頂部ハゲ、別名O型ハゲといいます。このハゲが発生する原因もM字ハゲと同じく、DHTが原因です。状態が進行していくとドーナツの輪っかのように毛がなくなってしまい、最終的に回復が困難な状態になります。前兆としては、髪をかき分けたときにつむじ付近の毛のボリュームが減ったと感じるようになり始めるのが挙げられます。目視が難しいのでこまめなチェックがかかせません。
U字型ハゲ 前兆:生え際の後退
髪の毛がU字型にハゲていく状態を指します。前部分と頭頂部のみハゲて、あとは髪の毛が残る状態です。この状態のハゲは隠すのが難しい上に、残った毛でカバーしようとするといわゆるバーコードハゲになってしまいます。原因はやはり同じくDHTであり、他にもシャンプーが合わないことや睡眠不足が原因でも発生しやすくなります。

これらがハゲの主なタイプです。ハゲの前兆は、痒みやボリュームの喪失が主であり、最近髪の毛が異様に痒くなっていたり、ふさふさ感が減ったような感じがしたりと違和感を感じた場合は、早急に対処する必要があります。

M字ハゲの進行を食い止める!ハゲない髪の毛の洗い方

M字ハゲを始めとした様々なハゲの前兆を感じたのであれば、早急に対策を練り、ハゲの進行を防がなければなりません。対策方法には様々な種類があります。運動や食事などを見直したり、規則正しい生活をしたりと様々です。しかし、中でも手軽にできる方法としてシャンプーがあります。

髪の毛の洗い方が重要

シャンプーで重要なのは、髪の毛の洗い方です。手のひらに100円玉くらいの量のシャンプー及びリンスを出します。そして、そのまま直接髪の毛につけて洗うのではなく、お湯を混ぜて泡立たせてから洗い始めます。この時、頭皮を傷つけるおそれがあるので爪は立てないようにしましょう。なお、洗う時は上もしくは正面を向いて洗い落とすとキューティクルにダメージを受ける心配はありません。

ハゲないように対策が必要

ハゲの進行を止めるには髪の毛に栄養を与えることも大事です。例えば、食べ物ならばわかめなどが髪の毛に良い効果をもたらすとされています。また、食物ではなく育毛剤などで直接頭髪に栄養を与えるのも有効です。

ハゲを防ぐためのシャンプーはありますか?
あります。スカルプシャンプーといい、アミノ酸系シャンプーです。これは頭皮の環境を改善するのに役立つ他、育毛成分が含まれているので髪の毛を洗いつつ頭皮のケアを行なうことができるシャンプーです。しかし、改善しようとスカルプシャンプーを一日に何回も使うのはかえって逆効果です。シャンプーは一日一回、夜に使うのが最も好ましいとされています。朝晩使うと頭皮をケアする皮質も流れ落ちてしまい、結果的にハゲが進行する可能性があるのです。
M字ハゲには育毛剤で対策したほうがいいですか?
育毛剤には血行促進効果や育毛効果のある栄養が多く含まれており、ハゲ防止には非常に強力な効果を発揮します。また、薄くなっている部分に直接つけることができる育毛剤があれば、なお良いでしょう。しかし、育毛剤を使用しても頭皮の環境改善を行なっていない場合はせっかくの育毛剤効果も薄れてしまいます。スカルプシャンプーで頭皮のケアと洗髪を行なったり、規則正しい生活リズムで過ごしたりと、普段の生活も見直すことで、育毛剤の効果をフルに発揮できます。

薄毛対策のヒント

悩む男性

M字ハゲを始め、薄毛のトラブルにはスカルプシャンプーや育毛剤、そして普段の生活スタイルの見直しなど様々なことが必要です。この対策は早ければ早いほど効果を発揮するので、もし頭髪に違和感を感じ始めたのであれば早めに対策を練り、実行しましょう。

TOPボタン