ハゲになる未来を回避するにはシャンプー選びから
ハゲになる未来を回避するにはシャンプー選びから

髪の毛と遺伝の関係~親がM字ハゲでもハゲないためにできること~

M字ハゲは受け継がれる?遺伝と髪の毛の関係性

「ハゲは遺伝する」ということを聞いたことがある人は多いと思われます。良く耳にする、この話は本当なのでしょうか。ここで、ハゲと遺伝の関係性について紹介していきます。

父親の遺伝によってハゲるのか?

薄毛やM字ハゲは遺伝しますか?
「遺伝しやすくなる」が正しいでしょう。よって、遺伝で必ずハゲるというわけではありません。その理由は、男性ホルモン量の遺伝が関係していると思われます。男性ホルモンの割合は遺伝で決まることが多いため、その分ハゲの原因であるDHTの発生量も増えてしまうのです。また、ハゲの家系でなくても普段の生活が原因でハゲる可能性は高いので油断は禁物です。
遺伝でハゲやすいといわれるのは何故ですか?
主な理由は2つあります。一つはハゲやすい体質を受け継いでいること、もう一つはDHTの影響を受けやすい体質を受け継いでいることです。こちらの内、どちらか一つ、もしくは両方受け継いでいるとハゲやすい体質になってしまいます。更に、親が薄毛の場合、同じような生活習慣を送っていると自分も同じようにハゲる可能性は高まるでしょう。髪の育成に良い生活を送るように心がけることが大切です。

このように、ハゲは遺伝しやすく、身内にハゲがいるのであれば自分もその体質を受け継いでいる可能性は十分にあるのです。しかし、遺伝で必ずしもハゲるというわけではないため、対策を練り普段から気をつけるだけで進行を止めることができるでしょう。

M字ハゲは母親からの遺伝の可能性も

父親がハゲていないから、自分はハゲの遺伝子を受け継いでいないと思うのは早計です。場合によっては、母方の家系からハゲの遺伝子を受け継いでいる可能性もあるのです。本来、女性の遺伝子では薄毛に影響することはありません。しかし、母方の父親がハゲている場合、遺伝する可能性があるのです。これを隔世遺伝といいます。

髪の毛は遺伝に抗えないのか?

先祖代々ハゲの家系だからと、ハゲの運命を受け入れて諦めるのは簡単です。しかし、この悩みは実は改善が可能です。日頃の生活習慣を改めて、髪の毛の育成に適切な環境を頭皮に作っておくことで、髪の毛が育ちやすくなります。こうすることで、遺伝による影響を抑えることができます。よって、悲観せずにまずは生活習慣を改めることから始めましょう。

遺伝に負けずハゲないように髪の毛を洗う

ハゲ対策で重視するべきなのは生活習慣の改善だけではなく、洗髪も見直す必要があります。よって、ここでは、M字ハゲを例に薄毛に効果のある洗い方を紹介していきます。

M字ハゲを防ぐ髪の毛の洗い方

入浴前にブラッシング

髪の毛をいきなり洗うというのは実はよくありません。まずは、ブラッシングから初めます。ブラシで髪の毛についているホコリやフケを落としましょう。これはシャンプーの効果をより良くするためです。ブラッシングをする時はゴシゴシとこそぎ落とすようにこするのではなく、優しくなでつけるように行なうのが理想です。ブラシで頭皮を傷つけないように、注意しましょう。

髪を洗う前に湯船につかる

お風呂の際に、すぐに髪の毛を洗うのはシャンプーの効果を完全に発揮できません。まずはゆっくりと湯船に浸かり、体を温めて血行を良くすることから初めましょう。体を温めることにより毛穴が開くので、よりスカルプシャンプーや育毛剤の効果が期待できます。しかし、長湯しすぎてのぼせないように注意しましょう。

予洗いをしてシャンプーを泡立ててから使用

まず、お湯で髪の毛をすすぎます。これで余分な汚れを落とすことができます。なお、この時皮脂で手がべとついているのであれば、まずは皮脂のべとつきを取りましょう。そして、いよいよシャンプーです。適量をお湯に溶かして、泡立ててから髪の毛を優しく洗いましょう。もちろん、この時爪は立てないように注意してください。

トリートメントに時間をかけてはいけない

そして、最後にリンスを付けて髪の毛を保護するのですが、この時のリンスは地肌に付けないようにササッと髪の毛につけるのが好ましいです。というのも、リンスは髪の毛には効果があっても地肌にはあまり良くないからです。よって、リンスには時間をかけずに、すばやく洗い落としたほうが良いのです。

M字ハゲに良いとされる髪の毛の正しい洗い方は、このようになります。特に難しいことではないため、すぐに始めていきましょう。毎日、このような洗い方を意識して行なえば髪の毛も頭皮も健康的になっていくはずです。

髪の毛を洗った後のケアも重要

髪の毛をきれいに洗ったとしても、その後のケアが適切でなければせっかくのシャンプーの効果が台無しです。よって、正しい洗い方と同じく正しい髪の毛のケアも行ないましょう。正しい髪の毛のケア方法を紹介していきます。

髪の毛は必ず乾かす
洗髪によって濡れた髪の毛は、絶対に乾かさなければなりません。その理由は、菌が繁殖しやすいからです。髪の毛には皮脂を食べる菌がいるのですが、濡れることによって異常繁殖しやすい環境になります。そうなると、余分な皮脂以外の皮脂までも食べられてしまい、地肌が乾燥肌状態になり、傷つきやすくなってしまうのです。よって、必ず乾かすようにしましょう。
ドライヤーは当てすぎないように
髪の毛を乾かすために使用するドライヤーですが、温風を髪の毛に当てすぎないように注意が必要です。当てすぎると温風により頭皮に激しい負担がかかるため、逆効果になりやすいのです。よって、なるべく頭からは離して低温風でゆっくりと乾かすのが理想です。また、その前にタオルで濡れた髪の毛の余分な水分をしっかりと拭き取っておくのも重要です。

髪の毛を上手に洗ったとしても、その後のケアを怠った場合、画竜点睛を欠くというものであり、もったいない結果になってしまいます。よって、ケアまでしっかりと行ない、髪の毛に最適な環境を作ってあげましょう。そうすることで、ハゲの進行を大幅に抑えることができます。

TOPボタン